クレンジング徹底比較ランキング【最新版】

洗顔料の選び方

洗顔料の選び方

あなたはどんな洗顔料を使っていますか?

ずっと同じ洗顔料を使っている、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、肌の状態は季節や体調によって毎日変わります。

肌の状態は毎日変わるのに、同じ洗顔料でいいのでしょうか?

洗顔料を選ぶには、毎日、自分の肌をよく観察することが大切です。

肌の状態によって洗顔料は変えよう

今日のあなたの肌はどんな状態ですか?

肌の状態によって洗顔料を選びましょう。

◆カサカサに乾燥している

乾燥肌の人の洗顔料の選び方

カサカサ肌は、皮脂がなく、バリア機能がなくなっていて、肌が非常にデリケートになっています。そんな時は洗浄力が弱めな洗顔料を使いましょう。成分表示の前の方に界面活性剤が記載されていたり、酵素系洗顔料は控え、低刺激な洗顔料でやさしく洗うようにしましょう。洗顔後はすぐに保湿することも大切です。

☆乾燥肌の人にオススメな洗顔料☆

マナラモイストウォッシュゲル

マナラモイストウォッシュゲル

ゲル状なので肌当たりがやさしく、美容成分で洗うため低刺激。

やさしく洗顔したい方におすすめ!

◆毛穴が開いている・黒ずんでいる

毛穴が気になる人の洗顔料の選び方

クレイ(泥)系洗顔料や毛穴引き締め系成分(アーチチョーク葉エキスなど)がおすすめです。 毛穴の汚れをすっきり取り除きながら、毛穴を引き締める洗顔料を選びましょう。 使い続けることで段々毛穴も目立たなくなってきますよ。

☆毛穴が気になる人にオススメな洗顔料☆

マナラモイストウォッシュゲル

マナラモイストウォッシュゲル

「カプセル化パパイン酵素」で毛穴汚れを除去。

さらに「アーチチョーク葉エキス」が毛穴をキュッと引き締めます。

ピュアクレイ 洗顔&パック

ピュアクレイ 洗顔&パック

クレイ(泥)の超微粒子が毛穴の奥の汚れを吸着。

さらにパック効果で毛穴を引き締め、毛穴レスな肌に。

◆くすみが気になる・肌がゴワゴワする

くすみ肌の人の洗顔料の選び方

酵素系の成分やピーリング効果のある洗顔料を選びましょう。 酵素系洗顔料はたんぱく質や脂肪を分解する酵素の働きで、余分な皮脂や毛穴汚れ、古い角質を分解して洗い流してくれます。 そのため、洗い上がりはくすみが取れ、肌触りもツルツルになります。 しかし、酵素系・ピーリング洗顔料は洗浄力が強めなので、長い時間をかけて洗ったり毎日使ったりするのは避け、肌の様子をみながら使用してください。

☆くすみや肌のごわごわ・ザラつきが気になる人にオススメな洗顔料☆

スノーパウダーウォッシュ

スノーパウダーウォッシュ

たんぱく質除去系の酵素洗顔パウダーです。

酵素のチカラで一般の洗顔料では取り切れない古い角質もスッキリ除去します。

◆ニキビ・吹き出物がある

ニキビ肌の人の洗顔料の選び方

ニキビや吹き出物のある肌には薬用タイプの洗顔料がおすすめです。 毛穴の詰まりを除去し、炎症を伴う赤ニキビに効果的な「サリチル酸」、抗炎症作用の高い「グリチルリチン酸2K」や殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」が配合されているものがニキビケアには効果的です。

☆ニキビ・吹き出物が気になる人にオススメな洗顔料☆

パルクレールクリーミュー

パルクレールクリーミュー

ニキビ予防のために作られた洗顔料。

天然クレイの超微粒子が毛穴汚れを吸着してニキビの発生を抑えてくれます。

Non.A(ノン・エー)

Non.A(ノン・エー)

漢方薬の原料にもなる甘草から抽出した「グリチルリチン酸2K」という有効成分を配合。

「皮膚の洗浄、にきび・かみそりまけ 及び 肌荒れを防ぐ」効果が期待できます。

ジュノア

ジュノア

抗炎症作用があり、ニキビ予防によいグリチルリチン酸2K配合。

さらに「アスタキサンチン」も配合。表皮の活性酸素の多くを除去するため、活性酸素による炎症物質の産生やメラニンの生成が抑えられ、シミ・シワやニキビなどの予防につながります。

洗顔料で洗わない方がいい人もいる

肌に負担がかかるから、肌を洗わない方がいいと思っている人もいます。

これは、肌の状態によります。

洗わない方が良い人は、

・化粧品を使うとひりひり・ピリピリする人

・赤ら顔になっている人

こういう人は肌のバリア機能が壊れて、角層の状態も悪く、表皮の皮脂も弱い・あるいは少ない状態です。

バリアする力が弱くなっている状態で洗顔をするとますますバリアが壊れていってしまうのです。

では、どうすればいいかというと、まずは洗顔料を使わずに、自分の皮脂を溜めることを優先しましょう。

肌の機能の回復を待つのです。洗顔料を使って洗わないことが、健康な肌を取り戻すための最初の段階です。

洗う場合は、お湯の温度が高いと皮脂を落としてしまうので、必ずぬるま湯で、やさしく洗ってください。

これを7~10日続けて、皮脂がしっかり出てくるようになれば、洗顔料(できれば低刺激なもの)で洗ってみて、様子をみてください。

健康な肌はきちんと洗うことで古い皮脂を取り除き、新しい皮脂を出して肌を守ります。

何もしないことが肌に良いことではないのです。

弱い刺激を与えることで血行が良くなりますし、新陳代謝も良くなります。

洗顔することも弱い刺激になるのです。

美肌づくりは自分の肌を知ることが大切です。

肌状態に応じて洗顔料を上手に使い分けましょう。

界面活性剤はすべて悪ではない

界面活性剤にはさまざまな種類があります。

界面活性剤は化学物質なので身体に悪い!と認識されがちですが、汚れを落とすために必要な成分ですし、種類によってはとても安全性の高いものもあります。

特に低刺激な界面活性剤が、ベビーソープの主成分として使われる「両性イオン活性剤」と化粧品の乳化剤などにも使われる「非イオン界面活性剤」です。

合成成分だから「絶対に悪!」というわけではありません。一度、現在使っている洗顔料の成分をチェックしてみてください。

最新洗顔料おすすめランキング


洗顔料ランキング 第1位 洗顔料ランキング 第2位 洗顔料ランキング 第3位 洗顔料ランキング 第4位 洗顔料ランキング 第5位
商品 マナラ モイストウォッシュゲル
マナラ モイストウォッシュゲル
株式会社ランクアップ
ピュアクレイ 洗顔&パック
ピュアクレイ 洗顔&パック
セルベスト化粧品
パルクレールクリーミュー
パルクレールクリーミュー
ビーボ株式会社
然 よかせっけん
然 よかせっけん
長寿の里
ココラルム マイルドソープ
ココラルム マイルドソープ
さくらフォレスト株式会社
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
洗浄力
成分
保湿力
コスパ